AGA治療は処方薬で始めるのがおすすめ

AGAによる薄毛の進行には男性ホルモンが関わっています

前述の通り、AGAによる薄毛の進行には男性ホルモンが関わっています。
つまり、AGAが原因の薄毛であれば、テストステロンがDHTになって髪の毛のヘアサイクルを乱しているという原因を取り除けば髪の毛が通常通りに成長してすぐに抜け落ちることがなくなり、徐々に毛髪全体の状態が回復してくることが期待できるというわけです。
そのような状態に変わるためには、まずはAGA治療を扱っているクリニックに行き、ご自身の薄毛がAGAによるものであるという診断を受ける必要があります。
それからAGA治療薬を処方してもらって服用を続け、髪の状態が改善するかどうかを見ていくようにすると良いでしょう。
AGA治療薬の中でも多くの人に使われているのが、プロペシアという内服薬です。
この薬はフィナステリドという有効成分が入っており、AGAを引き起こす原因になるDHTの生成を抑える効果が期待できます。
フィナステリドの効果は、テストステロンをDHTへと変換する5α還元酵素を阻害することで、これを飲み続けることによりDHTができないようにして髪のヘアサイクルが正常に戻るような状態にしていきます。
フィナステリドが含まれている薬を飲むことによって薄毛の進行が抑えられたという実感を得るのには半年ほどかかることもあるとされており、継続して服用を続けることが必要な薬です。
しかし、フィナステリドを使って症状が今以上に悪化しないようにすることは薄毛から回復するためには必要なので、この薬を飲むことはAGAを治す上で基本とされています。

【まだ薄毛ではないが予防のためフィナステリドを服用するのはアリですか?】

ご自身の判断になるのでアリかナシかで言えばアリです。
幸か不幸かAGAクリニックは儲け主義なところが多いのでAGAではなくてもAGAだと診断する医師もいますし、「予防のため」とフィナステリドを処方する医師もいます。

— ケンゴAGA治療 (@kengoAGA) February 13, 2021

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛の症状のことAGAによる薄毛の進行には男性ホルモンが関わっています薬代を節約したい人にはプロペシアのジェネリック医薬品がおすすめ