AGA治療は処方薬で始めるのがおすすめ

薬代を節約したい人にはプロペシアのジェネリック医薬品がおすすめ

AGA治療ユナイテッドクリニックザガーロ処方-新宿ウエストクリニック

なお、有効成分としてフィナステリドを配合しているAGAの薬には、プロペシアのジェネリック医薬品などもあります。
ジェネリック医薬品は元の薬よりも安く買えることが特徴になっているため、薬代を節約したい人にはおすすめです。
プロペシアよりも安い価格でフィナステリドを服用したい場合は、ジェネリック医薬品を取り扱っているとホームページなどで書いているクリニックに行って希望すれば処方してもらえるはずです。
なお、DHTの生成に関わっている5α還元酵素には2種類の型があることがわかっており、フィナステリドはその片方しか阻害できませんが、デュタステリドという成分を含んでいるザガーロという内服薬は両方の型を阻害できる特徴を持っています。
そのため、フィナステリドを服用して効果が感じられない患者さんがデュタステリドに切り替えて治療を行うというケースも見られます。
ご自身にどちらの薬が合うのかは飲んでみないとわからない部分があるため、まずは診察を受けてフィナステリドから試してみてはいかがでしょうか。
その他にAGAの治療によく利用されているのが、ミノキシジルという薬で、外用薬と内服薬があります。
ミノキシジルには元々は血圧を下げるための薬だったという過去があり、副作用としてこれを飲んだ患者さんに毛が多く生えてきたことから薄毛の治療に使われるようになったという経過が知られています。
ミノキシジルを使うと血行が改善され発毛が促進される効果が期待できますが、血圧上昇などの副作用が出る場合もあるので、医師とよく相談してから処方してもらうのが安全でしょう。
近年は初回のみクリニックを受診し、オンライン診療を利用してAGA治療薬の処方が受けられるクリニックも出てきていますから、都合に合わせて利用して薄毛の改善を目指してはいかがでしょうか。

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛の症状のことAGAによる薄毛の進行には男性ホルモンが関わっています薬代を節約したい人にはプロペシアのジェネリック医薬品がおすすめ